2014年04月29日

オリンパス70-300mm

 メインカメラがキヤノン60Dで、サブカメラとしてkissX7(小さい方)を持っていて、街歩きスナップ用に富士フイルムX100sを持っていて、大変に節操のないことではあるんだが、さらにオールドレンズ用にオリンパスのPen E-PM2を持っていたりする。
 と言いつつどれも用途が違うので使い分けをしているわけだが、ここにきて「そいやマイクロ4/3は焦点距離が35mm換算で倍にされるんだから、APS-Cより望遠に有利だよな」とふと頭によぎってしまった。
 いやオールドレンズで遊ぶときも距離が倍になるから多少遠いなぁとは思っていたんだが、Penをオールドレンズ以外で使うという想定をしていなかったので、いままでマイクロ4/3のレンズっていうものを一切調べてこなかったのよね。
 しかしここにきてふと気づく望遠の有利性。
 
 もしかして案外安くて軽い超望遠レンズがあるんじゃないか?
 
 
 
 調べること数分。
 価格コム見るとレンズって何があるかなんて一目瞭然よね。
 ありましたよ奥さん。
 オリンパスからもパソナニックからも出てるじゃないですか、換算600mmの超望遠レンズ。
 しかしオリンパスの方が軽くて小さいので、綾瀬はるかにごめんと謝りながら、買うならこれ一択と狙いを決める。
 
M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II
 
 5mm判換算の焦点距離150mm〜600mmのマイクロフォーサーズ用超望遠ズームレンズ
 最安価格(税込):\47,499 (前週比:+299円↑)

 
 うっほほ、換算600mmなんていう超望遠にも関わらずこの値段。
 そして手持ちができるんじゃないかという軽さ小ささ。
 こういうの見ると、マイクロ4/3っていう規格の絶妙さに感心するのである。
 だってフルサイズで600mmなんてやろうと思ったら、大砲よ大砲
 実際家電量販店で持った事あるけど、手持ち撮影なんて無理無理。
 しかしこれは、なんだ423gっても手持ちも十分範囲内じゃないのかっ。
 
 というわけで、触ってきましたよ奥さん(2回目)
 いや実際見ると、小さい。
 これで600mmなんてすごいね。
 フルサイズはもちろん、APS-Cレンズだってこのサイズではあり得ないだろう。
 
 ただひとつ気になったのが、やっぱり手ぶれ。
 普段の焦点距離だとこの重さは気にならないんだろうけど、E-PM2はファインダーがないので一眼レフカメラに比べれば手ぶれしてしまいやすいことと、600mmもある距離だとちょっとの手ぶれもかなりハッキリ写ってしまうので、ダブルで心配なのだ。
 
 というわけで今日は、自分のE-PM2をビックカメラに持って行き、展示してあるレンズを装着して、いくつか撮影してきたのである。
 シャッタースピードをいくつか変えて、全て300mm(換算600mm)の望遠端で撮ったものだ。
 これが参考になればと思う。
 全部同じ絵じゃないのは許して(笑)
 
80.JPG
1/80 f7.1 ISO500
 
125.JPG
1/125 f7.1 ISO800
 
250.JPG
1/250 f6.7 ISO3200
 
320.JPG
1/320 f6.7 ISO3200
 
500.JPG
1/500 f6.7 ISO3200
 
 
 あれ?
 ブレて……ない?
 1/80がちょっとブレてるのかな?って感じだけど、
 1/125はいける?
 
 おや、さすがに1/80は無謀だと思って試しに撮ってみただけなんだが、まさかここまでとは、恐るべきオリンパスの手ぶれ防止。
 店では上位機種のE-P5もいじってみたんだが、こっちは5軸手ぶれ防止を謳っているため、3軸のオレのE-PM2よりよく防止するとされているだけあって、実際カメラの液晶で見てもE-P5はシャッター半押しすると望遠端でもピタッと止まるのだ。
 それに対してE-PMは小刻みに揺れる。
 脇を締めようが息を止めようが、やっぱり無理。
 ぷるぷるする。
 だから最悪1/300ぐらいはシャッタースピードが必要かなと思ってたんだが、これは予想外の儲けもの。
 
 うーん、買うかー、買っちゃうか−、このレンズ。
 この値段で、手持ちができて、600mm。
 そしてブレない。
 買うしかないかー。
 あはん。
 
posted by あまおちりん at 18:16| Comment(1) | TrackBack(0) | カメラのお話

2014年04月17日

緑色

緑色
緑色 posted by (C)あまおちりん
 
桜と言えば桜色だけど、緑が映える桜。
 
posted by あまおちりん at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | フォト